HITORIGOTO

こんにちわ! 関 なみです!





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





夏がいっちゃう

 生きて、夏を乗り切った! というより、気がついたら8月末だった。。。。

皆さん、お元気でしょうか。
ここも休眠中(最近いたるところが休眠していますが)ですが、元気でやっています。
7,8月は、夏休みなので、忙しいのですよ。

ああ、本当に何もかもが面倒になって、連載も眠ったまんま。。。お叱りのコメントと励ましのコメント有難うございました。
気持ちが届けばいいのですが。

今年は遊びに行くことも出来なかった。ひどい夏。。。
体もきつくて、引きこもっていたし、書くより安楽な読むほうで慰めておりました。
最近読んだ本、以前本屋大賞をとった「博士の愛した数式」・・・久しぶりに涙が止まりませんでした。泣けて泣けて、せつなさ爆発でした。
私って、その年話題になった本はさら読みで、文庫になってから読みたい人なんで、今頃読んでるって言われるかな。
でも、これは本当によい小説でした。年老いて障害を持つ博士の、かっての写真が出てくるのですが、人の一生の若さと老い、その光と影が鮮明で、言いようのないせつなさを感じました。もしかしたら、この場面は話のテーマを外れているかもしれないけど、私が博士に惹かれたのは当然です。

最近、以前のようにかけなくなったので、自分の楽しみをいろいろ見出していこうかなと思ってます。
がむしゃらにやってても、前に進めない気がしてきた。
あ、いいたいこと書いたら、ちょっとすっきりした。

相変わらず、気ままです。
posted by 関 なみ 14:43comments(3)trackbacks(0)





梅雨?

 うそでしょう!

6月だなんて〜〜!

ははは、お久しぶりです。生きております。一応。

土砂降りの雨が、さほど冷たくないって、今日気がつきましたよ。
もう春過ぎたのね! やめてほしいわ、はやすぎるよ〜〜〜!

 あはは、なんだか変顔絵文字、使いたくなっちゃったぜ。

今日は何だか高まっております。
いえ、リアルはあいも変わらず 悲惨ですが。

白石一文センセをご存知でしょうか? はい直木賞の作家さんです。
私もファンの一人です。
今作の直木賞、イマイチすきではなかったのですが、やっと読みたかった「一瞬の光」読破!
ああ、このセンセのミーハーでカッコツケで、良いように浅くて、ドラマチックで、劇画タッチに惚れこんでしまいましたよおっ! これぞエンタメ
面白いというのは、良い作だというのと、また違うね。デビュー作にして、この筆力。流石にプロ!
人間描くのがすごく巧みな作家さんだと思います。

最近、客としてもマナー、自分自身、考えるようになりました。
手に入れたいものが無いと怒り出す客は、このごろ、普通の人ですよ。それはこちらに問題があるのだし。
でもね、平気で売り場で本を書き写したり、ケータイで写メとったり、挙句の果てに、断りもなく倉庫へ入ったりストッカー開けたり・・・。
20代の人が、悪びれもせずにやるんですよね。分別など、とっくに身についてる年だろ?
そいでもって注意すると、嫌悪感もあらわに逆切れする。
勿論、ほんの一握りの人ですけど、万引き年齢も大人まで含まれるようになったし、こわいですよ、本当に。
なんか若者が、すごく貧素になった気がする。あ、私が老いたのか・・・・・・・。
プライドって、大事だろ? うるさい店長は思うのでした(笑)
posted by 関 なみ 00:29comments(2)trackbacks(0)





やってしまった・・・。

 最近、ろくなことがないと思っていたら、最悪。。。。
PCぶっつぶれて、保存ファイル消滅・・・・。仕事で使っていたんじゃあないので、被害ということはなかったんですが、自分の今まで書いた小説もどき、すっかり天に召されました。アーメン。

ネット上にあるものは無事でしたが、なろうから引き上げた作は、面倒でそのままファイルしてたのでね〜。
あはは、影も形もなく。早く書き直してHPで公開しとけばよかったんですが、残念。

まあ、また書き溜めていくしかないな。
まさかねえ、動かなくなるとは。原因はわからず。単にハードの問題みたい。。。やっと修理完了。
皆さんもお気をつけて。
まあ、最初に比べると、ずいぶん書き方も変わったので、書き改めようとは思っています。
新たな気持ちでやっていくつもりですが、まだ連載していたものを覚えていてくださる方がいたら、申し訳ないです。
「契約社員」に関しては、最初から書いてみようかと思っています。
とにかく今は仕事が忙しいので、のんびりとやっていくつもり。

小説サイトもいっぱいあるので、いろんなところに登録してみました。
どこかでお会いするかも。

過去作吹っ切るのはよかったかなと、前向きに考えていますので、大丈夫。

ちゃんとコピーとっておかないと駄目よ。藻屑となるし!

あ、ここはこのままですので、またきて下さいね。
posted by 関 なみ 09:58comments(4)trackbacks(0)





ウソツキです。

 最近、山の話を書いていたので、下調べに登山雑誌やアウトドアの本を読むことが多くて、結構知識がふえたぞ。

趣味で山登りを楽しむ人は多いと思いますが、実のところ私、全く登るという行為に体が順応しないヒトです。
神戸には六甲山っていう、市内を一望できる山がありますが、車で登れるんだけど、いつも酔ってしまって、山頂で地獄を見ます。
山頂にはレジャー施設やホテル、森林公園やロープウエイもあって、一日遊んでられる山です。勿論ハイキングコースつきで、縦走できるし。都会の山って感じかな。
週末の夜はイニシャルDですよ。コワイのなんのって。
いや、峠が険しくって、車の運転は結構技量が要ります。
ああ、そういえば、「契約社員」書いたとき、デートさせたっけなあ。懐かしい。
夜景の美しさを書くときは、いつもここの展望台からの眺めを書いています。

戦争の話もそうだけど、山の話も自分が知らない事を書くわけで、その辺はやっぱり嘘っぽいかも。
いつも、整合性の事を突っ込まれているんで、気になってますが、写真を見てもやっぱりぴんとこないよなあ。
ど素人が舞台を書くと、その辺がまずいらしい。
六甲山しか知らない私が、恐れ多くもザイルやピッケルなんて、うそつきーっ! ですよ。

しっかし、読んだ本が悪い。
「山で死ぬな」・・・・ひい、いっぱい死んではります・・・。怖い。
最近も遭難事故ありましたよね。助かったようですが。
谷川岳で、滑落してザイルで宙つりになった登山者を、自衛隊の狙撃手がライフルでザイルを撃って、遺体を下ろしたということがあったようです。随分前の話らしいけど、救助する人たちもたいへんです。
くれぐれも事故のないように、ルールを守ってお登りください。
私は、自転車で登れないところへは行けませんので、あしからず。

まあ、趣味で書いてるとしても、私達ってウソツキだな。
ウソツキの自覚、皆持ってるんだろうか・・・・。
posted by 関 なみ 23:10comments(4)trackbacks(0)





いろいろと

 最近、また 何もかもSTOP状態です。

仕事は一段落してきたのですけど、書かないとと思う気持ちが薄れてきたみたいで、時間があっても精進できない。

原稿用紙枚数を換算してくれるグッズを見つけて、書いてはコベピして遊んでます。
結構書いているよ。
連載してたのは、ほとんど200枚超えていて、我ながらよく書いたと。。。。

でも最近、意欲がどこかへ飛んじゃって、読む方が楽しくなってしまった!
毎日、2冊は読破してるよ。
ある程度は仕事上。それと家で、読むのは楽しみのため。
1冊読むのに、約2時間。結構時間かけて読んでます。

最近、すきとかきらいとか、わかんなくなって、恋愛小説を手に取ったら、もう嵌りまくりで、読まんと寝られなくなった・・・。
私もまだ乙女なんだあ! と、気持ち悪いこと呟いたりして。
いや、胸が疼くよ。

しっかし、この頃、傲慢で身勝手な男を、ぎゃふんといわせる話が多いねえ。
強い男=ガーデアンみたいなのは、なりを潜めてきたね。
私は思うのですよ。優しいヒトが一番だよ。やっぱり。
小説みたいには、うまくいかないもんね。


 ★コメントありがとう!

<零さま
オヒサでございます。お返事遅くなりました。ごめんです!
おめでとうはないでしょ!(爆笑)
いや、まだ活動続けてるんだね。良かったです。
倒錯の世界、浸かりまくってんでしょ?
まだ「なろう」で書いてんの?
私は今は、ソフトバンクが中心かな? あと「ごはん」と。
検索したら読める?
一年に一度の七夕逢瀬の零様に、質問しても、答えは来年かな?(笑う)
 
posted by 関 なみ 02:57comments(2)trackbacks(0)





随分のオヒサです♪

 長らく、お仕事一筋で生きておりました。

丁度、今棚卸しで、大忙しだよ〜〜〜!
ホントになんぼほど働くんかい。正月商品の返品があるし、春休み終わるまで、ゆっくり出来そうにありません。

と、言いながら、漸く推敲中だった「救助せよ」が、終わりました。半分以上書き直したので、一応長編レベルになったかな。
随分前に連載していたのですが、とにかく読めるものにしたかったので、他のは中断して書いとりました。
一応、小さな公募にでもと考えています。面白いとはいえないのでねえ。試しに・・・ぐらいの気持ちですが。

HPにでも、いずれ載せますので宜しく〜〜。

暫くネットを離れていたら、カクトのサイトの連載が、PICKUPされていて、嬉しかった!
う〜〜ん、頑張るよ。屋根裏部屋書き換えています。

しっかし、江国香織氏の「号泣する準備は出来ていた」 すごい〜!
何回読んでも、素晴らしい。短編集なんですが、直木賞とってますねえ。
胸が痛くなるくらいのせつなさに、何度読み返したことか・・・・。
芥川賞は意味不明のときがあるが、直木取る作は本当に素晴らしいです。
今年の白石一文氏は、以前から好きだった作家さんです。
ぜひご一読あれ!

私生活? はい、メチャメチャです。
掃除機持つところからはじめないと・・・・。

寒いですねえ! お体気をつけてください。
posted by 関 なみ 01:16comments(4)trackbacks(0)





休みがほしい

 私のせつない願望。。。

ああ、休みが欲しい。お正月も何もあったもんじゃなかった。気がついたら、節分の本注文しているし。。。

何なんでしょうか!

このところ、活字中毒が酷くて、喘いでいます。
大量の返本しながら、ああ、これ読んでない、あれもまだ、なんてストレスが溜まってしまって、体に悪いので、とにかく読もうと、ながら読書を実行中。
食べながら、洗濯しながら、食事作りながら、ベッドでも一時間・・・。
ついに怒りをかいまして、
「お前は病気か!」
はい、ほとんど病気です。

好きな作家さんを絞って読めば良いのですけどね。好みじゃない作家さんはいても、見境無しに手をつけるので進まんのです。
先週はハーレー片っ端から読んで、恋恋ムードだったんですが、あれってね、ラストが非情に物足りないのよ! 
「愛してる」「私も愛してるわ」  ちょん! は? 一冊分悩まして、これで終わり? バカにしてんのか?
目的がハッピーエンドなんで、それでいいのだろうけどねえ。
お客さんのオススメもあって、読み始めたけど、やっぱり好みとは言えない。

で、今ブームの警察小説を手に取ってしまいました!
横山秀夫氏・・・・・・・神様です。「クライマーズハイ」「出口のない海」「震度0」。。。。どれもこれも圧倒されました。ちょっと控えめな作かなと、まだ読んでなかった「半落ち」、読み始めたら止まらない。。。
だから嫌なのよ、推理小説は!

小説書けないのは本が顔に張り付いているからです。
手を使わないでいい読書ページ捲り機が欲しい。
「出張ないの?」
と、訊いてしまう自分が怖い・・・・・・・・。
posted by 関 なみ 00:06comments(5)trackbacks(0)





新年おめでとうございます。

 おめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

昨年は転機となることがあり、それなりに大変で、そして楽しい日々でした。
今年は穏やかに暮らしていければいいな。

と、言いつつ、1日から初仕事です。
年中無休は当たり前なので。

皆さん、ゆっくりお過ごしでしょうか〜?
良いお年になりますことをお祈りしています。

今年からいろいろ挑戦して書いていこうと思っています。
滞っている連載もまたスタートさせますので、宜しくお願いします。

では、楽しいお正月をお過ごしくださいね。
posted by 関 なみ 10:33comments(13)trackbacks(0)





本の話

 明日で雑誌の入荷がお休みします。
やっと一息つけるかな。

ほんとに忙しい日々でございました。
どあ〜っと、前倒しで入荷するので、いつもの何倍も本が入ってくるわけ。
本当に盆正月前は、肩で息してる毎日です。

毎日毎日、新刊が発売になっているのご存知ですか? 文芸書、文庫、児童書、実用・・・段ボール箱5以上新刊ばかりなんてざらです。
うちは専門書の類は置いてないので、その分楽だけど、平米数は結構広いのでしんどいですよ〜〜〜。

最近は人気作家の本しか売れない風潮で、つまりは広告を打ってもらったり、TV映画になったりしたものを本屋同士でいかに手に入れるかというのが、その店の力なんだよね。
どれだけ苦労して書かれた一冊だろうなどと、返品を躊躇っていると、途端に在庫だらけになる……。
まるで食品売り場のごとく、毎日本が流れて行くんですよ。
命のはかなさはどこででも感じられる時代です。

しかし啓発本が増えたなあ。
生き方を導くものは、本の王道だと思うけど、最近のは完結! 
こう考えれば貴方は幸せになれます――なんていうのが、普通の口語みたいな言葉でつらつら書いてあるわけ。読めば当たり前だと思うけど、きっと救われる人もいるのだろう。

井坂耕太郎センセの「SOSの猿」 挫折!
いや面白いですよ。流石にエンタメの王様だと思いますよ。
でもね、冒頭から始る中年女性の表現がなんか嫌だった。
昔は憧れていた女性が年齢を重ねて、みにくくなったと言わんばかりの書き方で、その女性に魅力を感じなくなると、途端に読む気が失せた。勿論、これが布石になっているのだろうけど、無理だった。
キャラはやっぱり大事だね。
後日、読破しようとは思うけど。。。。

このところ私的にロマンス小説読んでる。いや、外人って、目の色って大事なんだね! 知らなかった! でも、時々、恥ずかしくなる。そこまで雄雌でなくても・・・って・・・。私の目玉、にごってるし。

はは、今日は長い独り言でした! 終わり!
posted by 関 なみ 01:42comments(2)trackbacks(0)





やっとお休み!

 クリスマス、もう直ぐだ・・・・。

でも、悲しいかな、本年は仕事です。学校が冬休みに入ると、倍の忙しさになるので、いつもクリスマスだとか言ってられないのが現実。
本当に本読むゆとりもなくって、段々と積みあがる未読書に溜息・・・。
で、速読の本を手に入れた。十分で一冊なんてすごい〜とか思いつつ、それも山の中の1冊に・・・。

やりたいことはヤマとあるのに、思うに任せない現実にストレス溜まるよ。

今は過去に書いた短編を書き直している。
初期のものは流石にひどいなあ。書くのが楽しくって仕方ないって感じは、なんだか懐かしい。
でも自分の欠点も見えてきて、それなりの効果はあると思う。

オススメの本、ご紹介〜〜〜。
半藤一利氏の「昭和史」 戦前戦後(平凡新書)
マジで面白い! いや、歴史書だが、ノンフィクションにあるまじき読み安さ! おまけに世俗の細かいファクターが何気なく入っている。まるで創作もん読んでいるみたいに、軽く読めます。
歴史もん書こうとか思っている方、全体把握にはオススメします。

私もまた連載始めているので活用してます。今回は昭和の話なんで。

小説は、小池真理子氏が素晴らしかった。最近、くどい暗いイタイ話が面白い。

うふ、今日お休みで、スパゲッティ作ってもらってます〜(ハート)
懸命な背中見てると、普段の放置プレイも許せちゃう、甘甘なみさんでした。(あほちゃう?)
posted by 関 なみ 10:10comments(8)trackbacks(0)