HITORIGOTO

こんにちわ! 関 なみです!


<< もうすぐクリスマス♪ | main |



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





「天上紅蓮」拝読〜。

 渡辺淳一氏の「天上紅蓮」読み終えました。

ネタバレしないように、感想をば……。
うわ、やめて〜〜〜と言いたい失楽園だった。
いや、やらしくないですよ。
でも、綺麗でもない。
で、深いかなとと思うほど、意外と単純明快な話…。
これをどう読んでいいのか、私には理解できんかった…。

読み手に史実をたどらせて、登場人物の生き方をそれぞれに受け取らせようという試みなのか、歴史絵巻の明媚さとそこに生きる人間を淡々と、わざと綴ったのか……。

深読みできない内容(年の差恋愛)だったので、まるで年齢を重ねた人の応援小説家と思ったりもした。
絶対権力をもった法王であったことが、面白みをそいでいる気がする。

どう読めば良かったのか、読んだ方の感想を聞きたい気がする。
posted by 関 なみ 14:33comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 14:33 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://nami414.jugem.jp/trackback/407