HITORIGOTO

こんにちわ! 関 なみです!


<< いろいろと | main | やってしまった・・・。 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





ウソツキです。

 最近、山の話を書いていたので、下調べに登山雑誌やアウトドアの本を読むことが多くて、結構知識がふえたぞ。

趣味で山登りを楽しむ人は多いと思いますが、実のところ私、全く登るという行為に体が順応しないヒトです。
神戸には六甲山っていう、市内を一望できる山がありますが、車で登れるんだけど、いつも酔ってしまって、山頂で地獄を見ます。
山頂にはレジャー施設やホテル、森林公園やロープウエイもあって、一日遊んでられる山です。勿論ハイキングコースつきで、縦走できるし。都会の山って感じかな。
週末の夜はイニシャルDですよ。コワイのなんのって。
いや、峠が険しくって、車の運転は結構技量が要ります。
ああ、そういえば、「契約社員」書いたとき、デートさせたっけなあ。懐かしい。
夜景の美しさを書くときは、いつもここの展望台からの眺めを書いています。

戦争の話もそうだけど、山の話も自分が知らない事を書くわけで、その辺はやっぱり嘘っぽいかも。
いつも、整合性の事を突っ込まれているんで、気になってますが、写真を見てもやっぱりぴんとこないよなあ。
ど素人が舞台を書くと、その辺がまずいらしい。
六甲山しか知らない私が、恐れ多くもザイルやピッケルなんて、うそつきーっ! ですよ。

しっかし、読んだ本が悪い。
「山で死ぬな」・・・・ひい、いっぱい死んではります・・・。怖い。
最近も遭難事故ありましたよね。助かったようですが。
谷川岳で、滑落してザイルで宙つりになった登山者を、自衛隊の狙撃手がライフルでザイルを撃って、遺体を下ろしたということがあったようです。随分前の話らしいけど、救助する人たちもたいへんです。
くれぐれも事故のないように、ルールを守ってお登りください。
私は、自転車で登れないところへは行けませんので、あしからず。

まあ、趣味で書いてるとしても、私達ってウソツキだな。
ウソツキの自覚、皆持ってるんだろうか・・・・。
posted by 関 なみ 23:10comments(4)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 23:10 |-|-


この記事に対するコメント











<鶉さん

ほんまにオヒサです。
時々、こうして懐かしいお方に来ていただいて、すっごい嬉しいですよ。
くそ〜〜〜っ! まだ大学生なのね!
羨ましい・・・。
これからいっぱい楽しいこと出来るわけだ。
私なんて、年貢を納めちゃったので、足掻きようもない。
どうか、つつがなくお遊びください。もとい、学んでください。
去年のすばるの新人賞も学生さんやったね?
鶉さんも頑張って。
いしいしんじ氏、ご存知? 鶉さんとかぶる感じなんだな。

で、六甲山登ったのね! 結構ハードやったでしょ?
意外と険しいのよ、あの山。
神戸を知ってもらえて嬉しいです。京都に比べたら普通の町なんだけど、なんか起こりそうな雰囲気あるでしょ(笑)
ともあれ、シュウカツ頑張ってください。
おめでとう言いたいがなもし。
なみ | 2010/03/14 2:04 AM


またまたお久です!


そういえば六甲山登ってきましたよ!しかも上でバス使わずずっと歩いてました(笑)
んで、最高峰まで登りました。友達には『そんな軽装でよく登ったな、馬鹿野郎ww』と言われました。ポロシャツとジーパンだったので(笑)

私もウソつきです(笑)暇だ暇だ連呼してるけど、現在就活真っ最中で小説書く余裕なし(笑)今は知識を蓄え込む時期なんですかね(´ω`)
鶉 | 2010/03/13 4:35 PM


<こゆみん
久しぶり!

交流べたに拍車が掛かってきたよ。
皆どうしてるのかな? と、思いながら、最近PCも開けない日がある。

こゆみんは頑張ってる?

うん、未熟なウソツキでいけません。
この前、私のかく物は整合性がないって言われて、納得した。
だって妄想の世界だし、私の小さな世界ではリアルを追求するの難しい。
長編を書くようになって、ささやかにマシになってきたと思うのだけど、まだまだこれからだ。
頑張るね。
またゆっくり、チャットしよ。
ありがとう。
なみ | 2010/03/04 3:58 PM


嘘つきーっ!
言わせてみたい言葉だったり♪ 誰に?

解る、自覚あるよ。こんなのある訳ないって書いてるの多いもん。願望は間違いなく入ってるね^^

きっと私が素人だからなのかなみっちのお話はウソツキって^^思った事なかったよ。
戦争の事例は人それぞれかもしれないけれど、医療や法律や山登りとか専門的な事は、ほんの一場面でも間違った事を書いてしまうとお話全部を否定されてしまわれかねないから気を付けなくちゃだよね。でも、出版されている本だって矛盾を感じる事もあるし、なにせ小説なんてリアルを追及するものじゃないとは思うのだけど。少し違う世界でもアリあだと思うけどどうなのだろうね。
こゆみ | 2010/03/04 11:55 AM


この記事のトラックバックURL
http://nami414.jugem.jp/trackback/391