HITORIGOTO

こんにちわ! 関 なみです!


<< 『 雨の音 』  NO. 4 | main | 『 雨の音 』  NO.5 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





★ひとりごと日記★  10月21日(晴れ)

今日は、何だか悲しい日だった。
仕事は相変わらずで、忙しかったけど、それより、嫌な情報が入ってきた。
また、中堅の出版社が潰れるらしい。まだ潰れたわけではないが、こんな噂が流れるときっと駄目だろう。
確実な情報ではないが、早々に本の撤去が始った。
大量の返品。これが、版元にどっと届くわけだ。文芸書も、人気に関わらず撤去した。
人気のある書籍もあった。
その作者の写真を思わず見た。悲しかった。
出版業界は暗雲が垂れ込めたままだ。小さいところは、消えているみたいな感じ。今では名の通った出版社しか注文できない。
いい本作っても、売れない時代。どうか、潰れないで頑張って欲しい・・・。
思わず、恩田陸の本、買ってしまった・・・・。
今の時代、本って肉や野菜と同じ、生ものなんだよ。
あ、私も生ものだった。随分腐ってきた。
posted by 関 なみ 22:17comments(2)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 22:17 |-|-


この記事に対するコメント











<さすらいさん

 こんち☆ ううっ、お優しいお言葉を…。
有難う。鮮度が戻ればいいのですけどね。
このまま腐っちゃう予感がする。

一週間くらい休みが欲しいなあ。
そうすれば、出かけようって気にもなるんだけど、休みは寝てばっかりいます。
さすらいさんは どう?
少しはゆとりできましたか?

ここのところ、交流べたに輪をかけて、引き篭もってるんで、ネットの中が寂しいワンコ。
何もかもメンドー・・・鬱か、私は・・・。
また、お邪魔します〜!
なみ | 2008/10/23 3:45 PM


出版業界の流通ルールって、改めて考えるとかなり特殊なんだよね。しかも、大量生産大量消費のシステムが悪循環を助長してる。


いいものが生き残れない世界って、切ないね。


なみちゃんが腐ったら、僕がのんびり乾いた風を送りつづけよう。

そして十分乾燥したら、次はじっくり水を注ごう。

きっと、いつのまにかまた鮮度が戻る。

ひとは回復力を持つ生モノだからね。


なみちゃんがいい夢をみれるように祈ります。

おやすみなさい。
さすらい物書き | 2008/10/21 10:48 PM


この記事のトラックバックURL
http://nami414.jugem.jp/trackback/318